MENBER

房原忠弘(Tp) Tadahiro Fusahara

1991年ニューヨーク州で行われた、
International association of Jazz schoolに参加。
デイブ・リーブマン(Sax)に推薦され、日本代表として
「国際連合」内にて演奏する。大阪音楽大学を中退後渡米、ニューヨーク芸術大学に入学。マンハッタン各地のジャズクラブ、ライブハウス等にて演奏活動。2008年には東原力哉(Dr)プロデュースによる1stアルバム"Silent In Smile" 製作。NANIWA EXPRESにSoloプレイヤー、ボビー・ヘブ(Vo Gt)来日公演に参加。近年ではソロプレイヤーとして、村上"ポンタ"秀一(Dr) 山下洋輔(P)らと共演する傍ら、久保田利伸 ゴスペラーズ 堂本 剛(Kinki Kids) 鈴木雅之 等のアーティストサポートに参加するなど、ジャンルの枠を超えた音楽的才能を発揮している。

宮崎 隆睦(Sax EWI) Takahiro Miyazahi

 

神戸市出身。単身渡米しバークリー音楽院に留学。
在学中にナタリー・コール、ナット・アダレイと共演。
帰国後、織田裕二や古内東子のツアーに参加。
1998年にT-SQUAREに加入。
各地でレッスン、クリニックも行う。2004年11月、
ユニット"A.O.I."でCD"Mouth to hands"を発売。
2006年1月18日、ポニーキャニオン(Leafage jazz)より
初のソロアルバム"Nostalgia"を発売。
現在は演奏家としての活動の他、講師として
後進の育成に励んでいる。

日野"JINO"賢二(Bs Vocal) Hino"JINO"Kenji


父は世界的なトランペッター日野皓正。
7歳、家族でN.Y.に移住17歳でジャコ・パストリアスに師事
1986年本格的にプロミュージシャンとしての活動を開始
アポロシアターでのハウスバンドへの参加や、
数多くのミュージシャンとの共演を果たす。
2003年活動の拠点を日本に移す。
Fuji Rock Festival/東京JAZZ等に出演。
2005国内ジャズ/フュージョン賞”を受賞
櫻井哲夫との新ユニットTETSUJINO”
近年ではCOLORとBoyzⅡMenのコラボ曲アレンジをはじめ、西野カナ・黒木メイサへの楽曲提供及びプロデュース、
DefTech Misiaらのアーティストサポートなど幅広く活躍中。

トシ ヒケタ(Gt) Toshi Hiketa


日本人初の全米デビューロックギタリスト。
OSM卒業後、ロサンゼルスに活動の拠点を移し、
ヴァンヘイレンのヴォーカリスト、David率いる
『David Lee Roth Band』の正式メンバーとなり
ワールドツアーを廻る。2003年には自己のインストバンド
『Hideous Sun Demons』でもデビューを果たす。
2004年7月4日の独立記念日には日本人として初の、
ボストンポップスのステージに立ち、40万の前で演奏。
現在は、ビリー・シーンレイ・ルジアー スティーブン・セガール ミッキー吉野(ゴダイゴ)斎藤ノヴ(Per) 桜井哲夫(Bs)
元XJAPANのYOSHIKI等とのセッションや
レコーディングでも活躍中。OSM講師

和丸(Drm) KAZUMARU

 

7歳からドラムをはじめる。 8歳で沖縄基地の街コザで米兵を相手にプロの実力派と共にロック・メタルを中心としたライブ活動で人気を得る。

 

10歳、渡辺香津美氏等日本のトップミュージシャンと ファーストアルバム「BEAT KIDS」をリリース。 ポカリスエットのCMで福山雅治氏と共演。

 

東京フィルハーモニー交響楽団の共演では指揮者より高い評価を得る。 BEGINのライブやその他レコーディング、あらゆるジャンルのミュージシャン達とライブ活動テレビ番組にも多数出演し話題を呼ぶ。

 

14歳の夏、日野皓正氏コンサートで突然ステージへ呼ばれまさかの共演。 これがきっかけとなり16歳より本格的にプロ活動を開始する。 日野皓正カルテットのレギュラードラマーを3年程務めた。

 

https://profile.ameba.jp/ameba/ds-gun-kazumaru